ホーム > 小児歯科

大切な歯を虫歯から守るために

小児歯科では必要に応じて歯科矯正を併用した、虫歯の予防・早期発見・治療を心がけています。
子どもの歯(乳歯)は歯質が薄く.柔らかいために酸に弱いという特徴を持っています。
そのため虫歯になると進行が早く、歯が痛くなってからではずいぶんと大きな虫歯になってしまっていることがほとんどです。



乳歯列ではこの写真のように、歯と歯の間が少し空いていることが理想です、幅の広い永久歯が生えるためのスペースとして重要す。

歯科衛生士と子供
泣いたりしません
歯に銀歯をつけています



今日で二回目です
泣いてましたが
上手に出来ています








今、何をしているのかを
鏡を見せ、確認させると安心
します




虫歯予防のために

乳歯の役割 顎の発育

乳歯は顎の発育にも関係があり、また永久歯が生えてくるのを誘導する役割もあります。
お子様の身体と歯の健康のために、痛みがなくとも定期的な健診と予防処置をお奨めいたします。
きれいな歯並びと虫歯のないお口は、きっとお子様の笑顔につながります。

定期健診時もとてもきれいな状態です。



博多歯科医院では虫歯予防につなげるために 唾液検査(3.000円)を取り入れています。
また虫歯予防の一つとして、シーラントという詰め物があります。
これは 奥歯の虫になりやすい「かみ合わせ面」の溝(毛先が届きにくく歯垢が残り易いところ)を埋めて歯垢が残らないようにして虫歯を防ごうというものです。
歯を削ることは一切せずに、接着力のあるプラスチックで埋めてしまうことです。

6歳臼歯(第一大臼歯)はKYE TOOTHといわれとても大切な歯ですが、虫歯になりやすいのも事実です。
シーラントはブラシと共に小児歯科において重要な役割を担っております。

虫歯が進行して乳歯の根の治療が必要になった場合、従来ですと根に詰める薬は粉剤かペースト状の物でしたが、博多歯科医院では再治療が起こらないよう根に詰める薬はオブチュレーションガッタのソフトタイプで対応しています。

入室の練習 歯科医院は怖い所ではありません

当院では、お子様の「自立心」「歯科治療に対する自信」を育てていただくために一人入室をお願いしております。
また将来にわたって歯科治療に対する不安.恐怖感が生じないように、初めての日から歯を削ることはしません。
細心の注意をもってスタッフが対応しております。

少し時間がかかることもありますが、怖がる子どもさんには何回かの来院練習(歯科診療室 機械 音などに慣れるための通院)の後治療に入りますので、安心して訪れていただけます。小学生以下の子供さんには、歯科手帳を初診時にお渡しいたします今日の処置内容、次回の予定などまた保護者の方からの要望や連絡事項を記入したいただきます。







博多歯科医院
〒963-4312 福島県田村市船引町船引和尚坦13
0247-82-1211

Copyright (c) Hakata Dental Clinic All Rights Reserved.