ホーム > 矯正歯科

一部分の矯正以外 全顎的な矯正歯科は中止といたします 


歯科矯正の治療例(写真)

叢生 (乱ぐい歯) の矯正治療

叢生は歯並びがでこぼこしている不正咬合です。八重歯もこの一種です。
歯列を収める顎が小さく、歯が収まりきらず重なって生えている状態です。



叢生(そうせい)の矯正治療例写真です。
 @ 治療前

治療前の状態です。
歯がバラバラに生え並び、咬み合わせに良くない影響があります。
 A 治療中

動かす歯にブラケット(歯に接着)を装着し、ワイヤーを通します。
 B 治療中

歯が動き、歯並びが良くなってきました。
矯正治療中は、歯磨きがむずかしく、虫歯になり易いので、注意が必要です。
 C 治療後

矯正治療完了後の写真です。
最初の状態と比較して、咬み合わせが良くなったのが確認できると思います。

反対咬合(受け口) の矯正治療

反対咬合は下顎の歯列が上顎の歯列より前に突き出ている不正咬合です。
発音がしにくい、食べ物が良く噛めないなどの影響があります。


反対咬合(受け口)の矯正治療例写真です。
 @ 治療前

治療前の状態です。
咬み合わせ位置の矯正と歯並びの矯正を行います。
 A 治療後

矯正治療完了後の写真です。
きれいな歯並び、咬み合わせになりました。

挺出(引き出し)の矯正治療

お子さんの歯が乳歯から永久歯に抜け替わるときに、永久歯があごの骨のなかでナナメに向いている・生え出てくるスペースがない等の理由で引っかかっている場合があります。

そのような場合、まずレントゲン撮影を行い歯の引っかかり等を確認します。
そこから、他の歯を抵抗源にし、矯正装置を着けて歯を引っ張り出します。



引っ張り出しによる矯正治療例写真です。
 @ 治療前

 A 治療後



博多歯科医院
〒963-4312 福島県田村市船引町船引和尚坦13
0247-82-1211

Copyright (c) Hakata Dental Clinic All Rights Reserved.