ホーム > 歯内療法

歯内療法(根管治療)について

不幸にして虫歯が進行してしまい、強い歯痛のため歯の神経を取る(抜髄=ばつずい)処置。
これは、一度治療した根の中の再治療、あるいは何らかの原因で根の中の神経が死んでしまった場合など歯の根の中(根管)を洗浄 拡大 消毒 をして最終的に根の中に薬をつめる処置を根管治療と言います。

皆様の目に触れない地味な分野ですが、歯周治療と並んで歯の土台作りとでも言うべき大切な治療療と考えております。                    


    


歯の根の治療 感染を防ぐための大切な処置

虫歯であっても強い痛みがなければ歯の神経を取る処置は極力避け、神経を守るための努力をいたします。
ただ、硬い歯の質に守られた歯の神経は再生能力が究めて弱く抜髄処置となることが多々あります。
そのような場合、神経の入っている管の形に沿って適切な 拡大 と 消毒 をすることが大切です。

神経のない歯は枯れ木と同様で、折れやすい 割れ易いといった脆弱な歯となることを知る必要があります。
虫歯予防に努めることが一番ですが、不幸にして歯内療法を必要とする場合は根管の適切な拡大 消毒 乾燥を行い、無菌状態となった時点で根の中に薬を詰め細菌の感染を防ぐために密封をします。
その後、詰め物 或はかぶせ物をして終了となります。

確実な根管治療を行います

博多歯科医院ではこの度、歯内療法を確実に短時間で行うことが出来る最新の機器を導入しました。

写真はX-スマート プラスという歯の根の拡大形成を行う装置と根に詰める薬を温める機器です。
モーターの先に弾力のあるニッケルチタンのドリルを付け低速回転で拡大形成を行ってから、垂直加圧根充と言う方法で薬を詰めます。


根管治療は一見、簡単そうな処置に思われますがレントゲン写真と手の感触を頼りとするとても難しい治療となります。しかし確実に処置をすれば、根管の本管だけでなく側枝といわれる横の方にのびる管にまで薬を詰めることも可能です。

異常・違和感があれば検査検診を行いますのでご連絡下さい。

歯内療法 治療例

左上側切歯の処置


左上の側切歯の根管治療の症例です。
歯の神経組織(歯髄)の本管と枝別れしている側枝 それぞれに根充(薬を詰める)できています。




右上第二大臼歯の処置



博多歯科医院
〒963-4312 福島県田村市船引町船引和尚坦13
0247-82-1211

Copyright (c) Hakata Dental Clinic All Rights Reserved.